新年度といただいたもの

新年度といただいたもの

春がきましたね。

日差しが春。

世の中春休みというやつらしいです。

凪の初めての冬が終わり

初めての春がやってきたようです。

カニシーズンも終わり

柴山地区もなんだか静かです。

今日ははたしてお客さん来てくれるのか、、

なんて日も 笑

(今子のゆうなぎの丘)

そんな日は

今までできなかったようなことをするのが吉。

ということで干したのは、、

はい、魚でもワカメでもなく

しそ 笑

梅干しと共に漬かっていたシソを干しました。

ゆかりってやつ?

おそらく雨は降らないだろう、、

とそのまま外に吊って帰ってきましたけど。。

そして、そんな日にうちに来たもの。

昨日の宴会でマグロがきたんですが

私が切るよりこの方に切って頂いた方がよいだろう。。

と思わしき方が一緒にいらっしゃったのでお願いしたんですが 笑

「私の包丁切れないでしょう 笑」

「いやいや切れるで」

と、気をつかってもらったり 笑

「うちにもう使ってないやつあるから1本やるよ!」

といってくれて

次の日奥様が持ってきてくれたのが

この柳刃。

長年、使って研いで使って研いで。。

そんなものを私がいただいてよいのか、、

柴山で小さな商店を営んでいるこの包丁くれたおっちゃんも言ってた。

「何にも無くなってさみしいわ」

(赤貝だって!これもお客さんが仕入れてきてくれた 笑)

私も何も無くなってさみしいわ。。

と思っている。

ここに住むどれだけの人がそれを思っているのかはわかりません。

元気なうちはどこへだって行けるし

ネットもあって遠くの誰かとも気軽におしゃべりできる便利な時代。

私だってネットは必要だし、

どっか行きたい 笑

でも、終いに近づいているんじゃないか、、

というところであえてやってみよう!

というバカなことを真剣にやっている 笑

そこんとこの気概を買ってくれてるんだと思う。

大事に使います。

(なぜか定礎in田んぼ)

生活があって、安定が必要で、もっともっとお金があってほしいと思う。

それが世の中の大多数の正しいことだと思う。

そして私のようなヤツもいる。

私のようなやつは世の中の大多数の人によって支えられているものです。

だからバカができる 笑

若いころの私は正しいことしか言えない人でした。

「あなたは正しいことしか言わない」

褒め言葉ではなく。

まぁ、嫌み?笑

お金が必要、安定した生活が必要、

あーでないとこーでないとオバケです。

なんで正しいことばっかりしか言えないのか。

何かが負けていたのかもしれないなぁ。

正しいことって大事です。

でも正しいことを言いすぎると

ときに思いやりを無くします。(サワラの子)

私が今やるべき正しいこと。

ちゃんとしたメニュー作りとホームページ作り。

価格の見直しとかお金のこと。。。

わかっています!

でもちょっとだけ思いやりを持ってお待ちください~