きっかけの話③

きっかけの話③

昨日は鳥取で震度6弱の地震がありました。

被害に遭われた方もいるようで。

早く不安のない元の生活に戻りますように。

20160203_152327

写真は鳥取砂丘です。

好きな景色の一つです。

きっかけの話してたんですけど、

いつも途中で話を切り上げたくなってしまう、笑

で、なんのこっちゃわからなくなる。。

文章を書くのはすごく苦手だと思う。

でも手紙を書くのは好きです。

20160504_105704

私、すごく隠岐贔屓なんですけど、笑

何がそんなにいいのかって、

そりゃあ未開拓の自然を思う存分楽しめるってのもそうなんですけど

やっぱり1番は人が良かったんですね。

20150926_234824

私が4カ月の移住を終えて島を去るときにいただいた感謝状。

地域に住んでいる人っていろんな人がいると思うんですね。

生まれてからずっとそこに住んでる人。

都会に出てみたけどやっぱり田舎がいいなと帰ってきた人。

お嫁にやってきた人。

仕事で来た人。

ちょっとフラッと気の向くままに来てみた人。

Iターン、Uターンなども今、多いですね。

もしかしたら、またどっか行ってしまう人。

私もほんの一時隠岐に住むだけの人としてお邪魔しました。

フラッと気の向くままに来てみた人かな?

どーせすぐ帰っちゃう人です。

それでも、そういう人一人一人まで掬い上げてくれて

一緒になって楽しんで、楽しませてくれる人たちでした。

近所を歩いてるだけでよそ者である私に気さくに声をかけてくれて。

おじいちゃん、おばあちゃんは方言きつすぎてチンプンカンプンなことも

しばしばありましたが、笑

隠岐にいるうちはどうか楽しんでね。

そういう気持ちが伝わって

あーまたこの人たちに会いに帰ってきたいなと思える。

20160806_114639

ここもそんな風な地域であってほしいなぁ。

住んでいる人はそりゃあ大変です、笑

隠岐も柴山も。

仕事は忙しいし、田舎独特の付き合いもある。

若い人は減っていくし、

行事には参加しないと存続の危機だし、

店は無いし、不便っちゃあ不便だし。

そんななかで住んでる人がどれだけ楽しんでいるか、

そういうところで

この地域の外からの見え方って違ってくるんじゃないだろうか。

私はなんの実績もないので、

人にあーしろこーしろなんてこと

どうこう言える立場ではありません。

なのでとりあえず自分で実験中です。

こういう仕事するならこうでないといけないという

枠にキッチリはめ込まれるのも辛いです、笑

私はしょせん

私ができるくらいのことしかできません。

img_20160830_214507

【寝顔がブサカワな猫】

それでも、自分自身が楽しんで、

この地を選んで来てくれた人がいたのなら

どうぞ楽しんで、また来てねと言いたいです。

そんな場所ができればなおさら楽しいです。