きっかけの話②

きっかけの話②

今日は朝の風がとても気持ちよかったです。

冷たくもなく生暖かくもなく。

秋の風

img_20161005_115235566

去年の夏、隠岐に4カ月移住しました。

隠岐の島ゲストハウス佃屋

ここで夏の間住み込みでヘルパーをすることにしたのです。

何がピンときたのか…

佃屋の大将と呼ばれるゲストハウスの主のブログを読んでから

なんだか気になって気になって仕方なくなった、

という感じかなぁ、笑

なんでこんなに自分の思った風にできるんだろう。

なんでこんなに楽しそうなんだろう。

なんで?なんで?

そして、佃屋のヘルパー募集の記事にすぐさま飛びついてしまったのでした。。。

大将との衝撃の出会いでしたね、笑

詳しくはどうぞ

http://oki-tsukudaya.com/

ブログおもしろいですよ。

20150810_220900

ゲストハウスという客商売をしている彼女なんですが

最高に社交的!という感じではなく、笑

ちょっと最初人見知りをするそうです、笑

でも、人を引き付ける力はやはりすごい。

見た目はかわいい女性なんですけど

大将という愛称がほんとしっくりくるほどのわんぱくぶり。

WEBのお仕事と宿のお仕事をこなしつつ

島のいろいろな活動にも取り組み

その上収穫にも出かけるし

遊びもめいっぱい。

どこにそんな体力がね、あるんでしょうね。

(今では一児の母となり、女将になりつつあるらしいのですが、笑)

そんな彼女と4カ月、同じ屋根の下で暮らし

飲んで食べて遊んだことで

こうでないといけない!という

私の固定観念のようなものは完全に外れました。。

あ、大丈夫?って思った人いますか、笑

決してタガが外れたわけではありませんので。

悪いことは悪い、約束もちゃんと守ろうとします。

常識ある人間だと思っています!自分で!

ただ、何かをやろうと思うとき、

すべてのカードが揃うの待ってても揃わないんですよね。

あれもこれもそれもないとできない

完璧に揃わなきゃしちゃいけないと思ってて八方塞がりだった。

それがなくなっちゃいました。

無くなりすぎてちゃんと考えてんの?

とご心配をおかけすることも多々あります、笑

でもすごくゆっくりだけど去年よりは進んでるから。

20150724_192215

隠岐の島ゲストハウス佃屋、オープンから2年目の夏でした。

畑で採れたもの、いただいたもの

海で釣れたもの、いただいたもの、笑

おすそわけの多い島だな~

そんな島の食材をつかった調理体験ができるゲストハウス。

柴山暮らしの時は魚捌くのはほとんど母がやってましたけど、

佃屋で魚捌きまくりました、豆あじからシイラまで。。

けっこう好きだなと気づきました、笑

お客様も一緒に台所でビール飲みながら料理をする日もあったり。

島のほんとローカルな人と飲んだり食べたり。

これが日常なのか、非日常なのかわからないけど、

一緒に料理を作ったり、食べたり飲んだりすることで

人とのつながりっておもしろくなるな~深くなるな~と思ったんですね。

老若男女、生まれも育ちも人種も超えて。

20150718_181724

そしてもう一つ。

うちの父、漁師だったんですけど、

おなか減ると絶好調に怒りっぽくなるんです、笑

漁師さんが気性が荒いと思われているのは

腹が減って気が立っているからなのか…?

謎はまだ解明されません。

人間お腹減ったら、仕事にならない。

元気も出ないし

腹も立ってくる。

私、一人で勝手に

水産業応援キャンペーンなるものをやりたいのです。

すごくささやかに、笑

冬になると松葉ガニで大忙しの柴山地区。

寝る間も食べる間も無く働く人の

あーー腹減ったーー

が、少しでも解消できればうれしいです。